おやつを食べて健康的にやせよう

おやつを食べると太るというのは、常識だと思っていました。食べれば食べるほど、食事の回数が多いほど摂取カロリーが増えるのですから、太るというのは常識ですよね。

では、どんなものを食べると太りやすくなるのか、また太りにくいおやつはあるのかなど、おやつに関する常識について調べてみました。

どうしておやつを食べてしまうのか?

おやつの時間といえば、「午後3時」ですよね。お昼ご飯を食べて2時間ちょっとで、どうしておやつを食べてしまうのでしょうか?

最近、血糖値と食事の話を聞く機会が多いのですが、血糖値は上手に食生活を送るうえで、避けては通れない大事な要素なのです。

食事を摂ると、食べ物は消化されて、糖質がブドウ糖へ分解されます。そしてブドウ糖が血液で全身に運ばれ、血糖値が上昇してしまうのです。

私達には、血糖値がある一定の範囲の数値に収まるようにする機能が、もともと備わっています。食事を摂って血糖値が上がると、インスリンというホルモンがでて、血糖値を下げる働きをしてくれます。

ただ、血糖値を上げやすい食べ物があり、それらを食べ続けていると、体に負担をかけることになります。その結果、太ったり、体調を崩したりしてしまうんですね。

太りやすい人は、食事を摂ったあと血糖値が急激に上がり、その結果インスリンが出て急激に血糖値が下がり、それを元の血糖値に戻すために、血糖値が上がるものが食べたくなるんですね。

上がったり下がったりの繰り返しで、何かをずっと食べたくなる状態です。

これでは太りますね。

太りやすい食べ物とは?

では、血糖値をコントロールしながら、食事を摂る方法はあるのでしょうか?

血糖値を上げやすい食べ物には、どういったものがあるのか調べてみました。

GI値というのを聞いたことがありますか?グリセミック・インデックスという数値です。血糖値の上がりやすさであり、簡単に言うと、その食べ物を食べたときの太りやすさのような数値です。

GI値についてはこちらの記事を参照してください

おやつを食べ過ぎないように気をつけていても、どうしても食べてしまうことってよくありますよね。 食べないのが一番大事だとはわかっているんだけ...

手軽なおやつ!コンビニで買うなら何がおすすめ?

毎日、自分でおいしい健康的なおやつを手作りできれば、それに越したことはありませんが、現実は忙しくて無理ですよね。

そこで、コンビニでも買える食べ物で、ダイエットにぴったりなおやつをさがしてみました。

チョコレート

カカオが70パーセント以上も配合されているチョコレートが、最近とくに人気です。

アーモンド入りのチョコレートもありますが、アーモンドの健康効果も合わさっておすすめのおやつになります。

ミックスナッツ

アーモンド・クルミ・カシューナッツ・ピーナッツ・ヘーゼルナッツ・ピスタチオなど、良質な油を含んでいます。ただ、脂質が多く、カロリーが高いので、1日20粒くらいにしておきましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトはカロリーが控えめなので、たくさん食べたい人にとって、本当にありがたい食べ物です。乳製品なので、カルシウムも併せて摂ることもできて、女性にとっても健康的なおやつになります。

チーズケーキ

どうしてもケーキを食べたくなったら、チーズケーキがオススメです。チーズケーキは、含まれている小麦粉が思ったよりも少ないので、血糖値対策としても優れています。

食べたときにボリュームがあり、満足感が得られやすいですよね。

肉まん

寒い季節には、あったかい肉まんがオススメです。具材には肉が含まれているので、栄養もあります。できれば、具がたっぷりで、皮が薄いものがより太りにくくなります。

くだもの

くだものは生で食べることが多いので、ビタミンCを摂るのに最適です。

くだものは甘いので、糖分が気になるところですが、果物に多く含まれている糖は、どうも血糖値を急激に上げる糖ではないようです。

食物繊維も含まれているので、栄養的にもおすすめの食べ物です。

まとめ

自分の意志に関係なく、食べた物で急激に血糖値が上がり、また急激に下がったりしています。するとまた血糖値を上げるために食べたくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そうすると、自分の意志だけで食事をがまんしようとしても、非常に困難になってしまいます。

できるだけ血糖値を乱高下させないような食事やおやつをとることが大事だということですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク