夏太りの原因と対策

夏は薄着になる季節。本来ならばやせたいはずのこの時期に、太ってしまうのはつらいですよね。

そういえば近所に住んでいた小学生の男の子が、夏休みに5㎏くらい太るって聞いて、「なんで???」っていつも思っていたのですが、夏太りする人は年齢にかかわらず、結構いるみたいです。

その子は、暑いからとエアコンの効いた部屋で、アイスを食べながら一日中ゲームをしていると聞いて、なるほどと納得しました。

大人の私たちは、なぜ太るのか、どうすれば防げるのかを調べてみました。

夏太りの原因

夏にやせる人もいれば、夏に太る人もいます。
夏の暑い時期に太る原因はなにがあるのでしょうか。

食欲がなくて冷たいものを食べてしまう

暑い日には何にも食べたくなくて、ついつい冷たいアイスクリームとかジュースを飲んでしまうことってありますよね。

仕事終わりの冷たいビールはとても美味しいからと、ビールとおつまみだけで夕食を済ませる人も多いかもしれません。

おつまみは、塩分が多いものもあり、体がむくむ原因にもなります。

冷たいもので内臓が冷え、消化が悪くなって夏バテしてしまったと勘違いし、食欲もなくなり、また冷たいものを食べるという悪循環に陥ることも考えられます。

それに夏に食べる冷たい物って、アイスクリームとかジュースとかカロリーが高いものが多いですよね。、それが太る原因になっているのです。

基礎代謝が落ちる

私たちの体は、冬は体温を維持しなければならないので、自然と体のエネルギーを使っています。

でも夏は、体温を調節する必要がないので、エネルギーを使わなくてよいわけです。すると基礎代謝が下がるのでやせられないということになります。

栄養も偏っているので、体が正常に機能しなくなり、よけいに基礎代謝が落ちてしまうことになります。

夏に食べてしまう食べ物は?

夏に食欲がなくなって食べるものといえば、そうめんや冷やし中華などの麺類、カレーなどが思い浮かびます。

なんといっても夏は暑くて火を使って調理するのもつらいので、一品料理とか丼物とか、とにかく手早く作れるものが好まれる傾向にあります。

すると、糖質中心のメニューになり、野菜やたんぱく質が不足したり、栄養が偏ることが、考えられます。

冷房で夏太り?

熱中症の危険が叫ばれるようになって、エアコンをどんどん使いましょうと言われるのですが、その結果、体の冷えが進行していると思われます。

からだが冷えると、むくんだり血行が悪くなったり、代謝が悪くなったりします。

体温も低くなり、脂肪が燃えにくくなります。

夏の暑さで運動不足

日中、外は暑すぎて、運動をすると熱中症の危険もあり、どうしても運動不足になることが考えられます。

エレベーターと階段があったとして、ほかの季節なら階段を使う人でも、夏は汗だくにはなりたくないので、ついエレベーターを使ってしまいがちです。

なんたって女性は、汗をかくとお化粧も落ちてしまうので、結構大変なんです。

暑さで寝不足が原因で夏太り?

夜の寝苦しさは、夏独特のつらいものがあります。

エアコンをつけたまま寝たとしても、冷え過ぎれば寒くて目が覚めるし、夜中にタイマーでエアコンが止まれば、暑さで目が覚めるし、快適に朝までぐっすり眠ることは至難のわざなのです。

ぐっすり眠れないことで、慢性的に睡眠不足に陥ると、食欲を刺激するホルモンが増えてしまったり、食欲を抑制するホルモンが減少したりして、暴飲暴食につながり、太ってしまうことも考えられます。

また、なかなか寝付けなくて、夜中に何かを食べてしまう人もいますね。

夏太りの対策

いろいろな原因で太ってしまうことがわかったので、しっかり対策を練っていきましょう。

常温の食べ物を食べよう!

冷たいものを摂ることが、夏バテや夏太りの原因の一つといえるので、なるべく冷たいものを摂らないようにしましょう。

冷たいものは消化が悪くなってしまうので、常温か温かいものを摂るように心がけましょう。私も、なるべく常温以上のものを心がけていますが、あまりにも暑くて冷たいものを摂ったときは、そのあとで、温かい飲み物を飲むようにしています。

お腹の中でちょうどいい温度になってくれたらいいなという思いからなのですが、気休めかもしれません。

ヨーロッパのほうでは、ビールを常温で飲むと聞きました。

ビール自体も少し違うのかもしれませんが、今まで常識と思っていたことにとらわれず、夏の暑い時期だからこそ、温かいものを摂るというのも試してみる価値はあると思います。

栄養のバランスを考えてみよう!

麺類や丼物はどうしても糖質が多くなり、ビタミン類など野菜不足になりがちなので、栄養のバランスを考えた食事をするようにしましょう。

一汁三菜の献立であれば、バランスが良い食事ができると思うので、献立を考えるときに意識してみてはどうでしょうか。

お味噌汁に野菜をたっぷり入れて食べれば、栄養のバランスもよくなるし、温かいものも摂れるということで、一石二鳥ですよね。

家でもできる運動をしよう!

外での運動は、暑い時期はなかなか難しいので、家でできる運動を考えてみるといいと思います。

たとえばヨガとか、簡単な筋トレも道具を使わずにできておすすめです。

雨が降っても、風が吹いても、夜遅くなっても、家でできるようにしておけば、なんとか運動を続けることができると思いますよ。

今は、トレーニング用のDVDなんかもお手頃な値段で売っています。

そうすることで冷えも改善したり、血行もよくなったり、代謝もよくなり、むくみも解消されていくでしょう。

夏の冷えを解消しよう!!

家の中なら自分の体調に合わせて、エアコンの温度も設定できますが、外出先ではそういうわけにもいきません。

特にスーパーに買い物に行くと、びっくりするほど冷房が効いていて、困ることがよくあります。

外出するときは、ストールを持っていき、冷え過ぎているところでは、首に巻いて調節するようにしましょう。腹巻や靴下も有効です。

また、岩盤浴なども、遠赤外線やマイナスイオンの効果で、体の芯からしっかり温めてくれるので、夏にこそおすすめです。

睡眠をしっかりとろう!

良い睡眠をとるために、寝る少し前にお風呂に入り、体温が下がりかけたころ布団に入って寝るのが良いとテレビでいっていました。

寝る前は、エアコンで部屋をしっかり冷やし、寝る直前には少し温度を上げて、26~28度くらいの自分にとって快適な温度で寝るようにすると、夏でも眠れるそうです。

良い睡眠をとることができれば、脂肪を分解するはたらきがある成長ホルモンが出るので、いろいろと工夫して睡眠をとるようにしてみましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク