下半身がやせるダイエット

顔はそれほど太っていないのに、なぜか下半身が太っていて、脂肪がついたらなかなかやせない。

太るときはお腹、太もも、お尻、ふくらはぎなど中心から下が太っていくのに、やせるときは、なぜか胸からやせていってしまう。

後ろ姿を見たときには、大きなヒップが目立っていて、自分が思っているよりも人から太っていると思われている。

スリムなジーンズを素敵にはきこなしたい。

すっと伸びた細く引き締まった足首、きゅっと上がった小さなヒップ、ほっそりとした太もも、誰もが憧れます。どうやってそれらを手に入れていけばよいのでしょうか。

足を細くしたいときの運動

なんといってもウォーキングが手軽で、いつでも始められる有酸素運動になります。ウォーキングを姿勢をよくして行うのが、簡単で良い方法です。

マラソン選手は、毎日走ってトレーニングを行っていますが、みんなほっそりとして足も引き締まっていますよね。

マラソンも有酸素運動です。有酸素運動には、脂肪を燃焼させる効果があります。ただ、なかなか初心者がマラソンをするというのは、ハードルが高すぎるので、おすすめなのが、スロージョギングです。

スロージョギングとは

隣の人と話ができるくらいの運動の強さで行うジョギングのことをスロージョギングといいます。

疲労がたまらない程度の強さの運動なので、ほんとうに誰もが簡単に始めることができる運動です。

運動初心者の方や、ご高齢の方など、日頃から運動の習慣がない人でもできるおすすめの運動です。歩く程度のゆっくりした速度か、それよりゆっくりの速さで行っても大丈夫です。とにかく無理をしないということが重要です。

激しい運動でなければいけないといわれると、続ける自信はないのですが、楽な運動でもダイエット効果が認められるのは、ありがたいことです。

足腰への負担が少ない運動なので、無理せず持病も悪化しないというメリットもあります。

筋肉は、速筋と遅筋という2種類があります。

速筋は、読んで字のごとく、早く動くときに使われる筋肉で、持久力はあまりなく、疲れやすい性質があります。

また、遅筋は、ゆっくり動くときに使われる筋肉で、素早くは動けないものの持久力があり、疲れにくい性質があります。

スロージョギングは、遅筋をつかってゆっくり走り、疲れを感じることがないため、運動を長く続けられるのです。長く走ることでその間、脂肪が燃えて、ダイエットに効果が出るのです。

踏み台昇降

踏み台昇降といえば、学生のときにスポーツテストでやった記憶がありますが、あの踏み台昇降が足を細くするとても優れた運動なのです。

1日1回15分間の踏み台昇降を毎日続けることで、脂肪が燃焼して足を引き締めてくれる効果があるのです。

台は、15㎝から30㎝くらいの段差があるものを用意し、なければ自宅の階段などを利用してもよいでしょう。

踏み台昇降は有酸素運動なので、脂肪を燃焼する効果が期待できます。やり方としては、右足・左足と上に上げたら、その後右足・左足と順に下に下げます。

慣れてきて、運動効果を高めるのであれば、腕をしっかり振ることも大事なことです。

日頃から運動をしていない人は、まずは5分間でもやってみましょう。

私も、まったく運動をしていないのですが、とりあえずやってみました。

昔、ひざを怪我しているので、日頃から強い運動はしないようにしています。また、股関節も調子がよくないので、ちょっと不安だったのですが、15㎝の台で踏み台昇降を5分間やってみました。

右足からずっと台に上がっていると、右足に負担がかかりすぎて不安だったので、1分ごとに台に踏みあがる足を変えてみました。

5分であれば、なんとか痛みを感じることなく続けることができました。しんどいとか、疲れるとかいうことはありませんでした。足さえ調子が良ければ、もっと続けていけると思います。

慣れれば、15分、20分と続けていって、血中の脂肪を燃やしていきたいと思います。

以前は、運動を20分以上続けてやらないと、脂肪燃焼の効果がないといわれていましたが、現在では続けて運動しなくても効果があるといわれています。

ということで、5分ずつでも効果があると信じて、ぜひ試してみましょう。

太ももを細くする運動

15年くらい前、両足の足首とひざを一度に痛めてしまい、歩くのもままならない時期がありました。

整形外科でレントゲンをとっても骨折もしていないし、MRIをとってもよくわからず、病院でいろいろな体操を教えてもらっても治らず、あまりの痛さに、松葉づえを借りたりしていました。

そのとき、雑誌の「ゆほびか」に掲載されていた体操を試してみると、これが私にはよかったのです。簡単な体操ですが、それを繰り返し行うことで、足の痛みを軽減することができました。

そして思わぬ副産物もあり、太ももが細くなったのです。その効果を狙って運動したわけではないので、ラッキーというかんじでした。

運動は、人によって合う合わないがあるのだということが分かった気がします。

その運動とは、椅子に座り、座ったまま足踏みをするというだけのもの。両手を振りながら、20回足踏みをします。

そのあといくつがパターンがあります。足をつま先だけ床につけて、足踏みするパターン。かかとだけ床につけて、足踏みするパターン。足の側面、右足の右横と、左足の左横だけ床につけて、足踏みするパターン。その反対の右足の左横と、左足の右横だけ床につけて、足踏みするパターン。

これらすべてを20回ずつ足踏みするのです。

これですぐに調子がよくなった私は、もっと回数を増やしたら、もっと早く足の調子がよくなるはずだと回数を50回に増やして、やっていました。

すると、足の調子もよくなったのですが、太ももも細くなったというわけです。テレビを見ながらできることなので、それほど負担なくお試しいただけます。ぜひやってみてくださいね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク