ダイエットの停滞期を乗り越えるには?

ダイエットをしていると、最初は2~3㎏くらい比較的簡単にやせることができますが、あるときから急に体重が落ちなくなる時期がやってきます。

何をやってもやせなくなる、この期間は「ダイエットの停滞期」と呼ばれていて、珍しいことではありません。

ダイエットが停滞すると、だんだんやる気がなくなってしまったり、「もうダイエットなんかどうでもいいや」というように、投げ出したくなってしまうこともあります。

なんとかして、この停滞期を無事に乗り越えて、ダイエットを続けられるようにしていきましょう。

ダイエットの停滞期はなぜやってくるのか

ダイエットをしているときは、食べ物を減らしてやせようとする人が多いですよね。

食べる量が減れば摂取するカロリーが減ります。

そういう事態に陥ると、「人間は飢饉がきた」と思ってそれに対抗する反応が起こります。

なるべくエネルギーを消費しないように、体が省エネモードになって、エネルギーの消費も低くなるように抑えたり、食事のエネルギーをしっかり吸収するようになったりするのです。

食事が減ってもちゃんと生き延びられるように、人間のからだってうまくできているんですね。こういう機能を「ホメオスタシス機能」というのです。

この人間にとって大切な「ホメオスタシス機能」は、ダイエットをしている人にとっては、迷惑な機能になってしまうんですね。

ダイエットの停滞期はいつやってくるのか?

ダイエットの停滞期は、いつやってくるのでしょうか?

個人差はあるでしょうが、ダイエットを始めて1か月前後、1~3㎏くらいやせたところで停滞期がやってくる人が多いようです。

ダイエットの停滞期の期間はどのくらい続くのか?

ダイエットの停滞期に入ってしまったとき、どのくらい続くのかわからないのは、とてもつらいものです。

半月から1か月くらいで、自然に停滞期から抜けることも多いようですが、その間は、やせないにもかかわらず、粛々とダイエットを続けなければなりません。

この停滞期の間は、慌てず、焦らず、のんびりとした気持ちで過ごすことが大事ですね。

ダイエットの停滞期を脱出するためには?

さて、ダイエットの停滞期に突入してしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

ダイエットの停滞期の乗り越え方

停滞期に入ったなと思ったら、焦らないこと。

そして、今やっている食事制限や運動などを、とにかくコンスタントに続けること。これが大事です。

やせない、やせないと焦って、これまで以上に食事の量を減らしてしまうとか、運動量を増やすとか、無理をするのは禁物です。

停滞期は、現状維持を目指して、あきらめないことが大事です。

ダイエットの停滞期を脱出する方法

ホメオスタシスは、1か月で体重が5%以上減ってしまうと、最大限の力を発揮するそうです。

体重を減らすときは、体重の5%以内で減らしていくことも、対策の一つです。

たとえば50㎏の人なら、1か月に2.5㎏以内の減量に抑えると、体に無理がなくてよいでしょう。

そうすると、リバウンドしにくい体になると思います。

くれぐれも自分の体に対して、「ダイエットをしていることを気づかせない」ことが重要です。

減った量が少しであれば、今、食べ物が不足しているということに、私たちの体は気がつかないのですから。

そうやって、1か月くらいの停滞期を乗り切っていきましょう。

運動の強度は今のままで大丈夫?

停滞期に入ったからといって、運動の強度を極端に上げる必要はないと思いますが、気をつけたほうがいいこともあります。

以前は、腹筋運動を10回するだけでも大変だったけど、今は簡単にできるようになったというような場合。

体力がないときは、少しの運動でも大変に感じますが、体力がついてくると、少しの運動では、大した負荷になっていないことが考えられます。

運動としての効果が薄れてきているということです。

そういうときは様子を見て、少し負荷がかかるように運動を増やすことも大事なことです。体力に応じた運動を心がけるようにしましょう。

リバウンドしないでダイエットを成功させるには?

ダイエットをしていて、途中で挫折してしまい、その後あっという間に元の体重に戻ってしまうこと、よくありますよね。

もしかすると、元の体重以上に増えてしまう人も結構いるのではないでしょうか。

そんなリバウンドをしないで済むようにしたいですよね。

リバウンドのしくみ

ダイエットの停滞期のときは、体に食べ物が入ってこないことで危機を感じているので、入ってきた栄養については、すべての栄養を無駄なく、しっかり取り込もうとしています。

しかも体は省エネモードに入っているので、エネルギーを節約しながら使っています。

ということで、せっかく、食べるのをがまんして少食にしていても、それで生きていけるように体も順応してしまっているので、やせられないんですね。

そんな停滞期に疲れ果ててしまって、ダイエットを中断してしまうと、体は栄養を無駄なく吸収するモードに入っているので、以前食べていた元の量の食事であっても、カロリーは余ってしまって、脂肪として蓄えられてしまうのです。

すると、あっという間に元の体重を通り越して、太ってしまうわけです。

リバウンドしないでダイエットを成功させる方法

リバウンドしないようにするためには、体のホメオスタシス機能が働かないようにすることが必要ですから、体には、今ダイエット中であることを知られないように、1か月に体重の3~4%くらいづつ減らすことが大事ですね。

停滞期になっても決してあきらめることなく、がまんして、体がその状態に慣れたら、また体重の5%以内で減らしていくようにしましょう。きっと乗り越えられるはずですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク