ココナッツオイルでダイエット

「ココナッツオイルは健康にいい」という話をよく聞きます。

ココナッツオイルの特集記事が組まれたり、本がよく売れています。

なぜ健康にいいのか、油はカロリーが高く、太りやすく、決して健康的なイメージはありません。

にもかかわらず、なぜ、ココナッツオイルはこれほど人気なのでしょうか。

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルや、パームオイル、パームカーネルオイルなどのトロピカルオイルは、他の油と違って、中鎖脂肪酸と短鎖脂肪酸を豊富に含んでいる食品なので、健康を促進する効果が高いとされています。

他のほとんどの脂肪は、食後、エネルギーとして使われないときは、体の中で脂肪として蓄えられてしまいます。

しかし、ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は、まったく違う過程をたどります。

食後、中鎖脂肪酸は、体の中の脂肪として蓄えられるのではなく、エネルギーを作ることに使われるのです。

ココナッツを伝統的に食べている人々

ココナッツを主食として食べてきている人たちは、スマートで健康的なイメージがあります。

環太平洋地域のポリネシアの人々、アジアの人々、ココナッツが採れる地域の人々は、昔から主食として、また薬としてココナッツを利用してきました。

インドのアーユルヴェーダでも、ココナッツオイルを使っていたり、アメリカのインディアンの人々もココナッツを食べたり、薬として使っています。

中国でも2000年以上前の古い医学書に、薬として記載されているそうです。

ココナッツオイルは脂肪ではなくエネルギーに変わる

私たちが食事のときに摂取する油、ダイエットするときに真っ先にやり玉に挙がるのは、間違いなくこの油です。

から揚げ、焼肉、生クリームたっぷりのケーキなどおいしい食べ物は、もれなく油がたっぷり含まれています。

油を取り過ぎると太ると、私たちは思っていますが、果たしてそれは事実でしょうか。

油にもいろいろな種類があり、適切は種類の油を取ることで、適正な体重にすることも可能なのです。

実はこの適切な油の中に、ココナッツオイルがあります。

ココナッツオイルを食べたとき、私たちの体はそれを体脂肪にするわけではなく、エネルギーに変えるのです。

食べても体重の増加、脂肪の増加を抑えてくれるありがたい食べ物なのです。

とにかく、今まで他の油を使っていた料理をココナッツオイルに変更することが、一番手軽なダイエットの方法と言えます。



ココナッツオイルで痩せる

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、体の代謝機能を高めてくれるはたらきがあります。

ということは、このココナッツオイルは、食べることで体重を増やすのではなく、減らしてくれる機能がある油ということになります。

しかもありがたいことに、食事をとったあと、代謝機能は少なくとも24時間は、高いままキープされるという研究があります。

日頃の料理に使う油を、ただココナッツオイルに変えるだけというシンプルな方法で、エネルギーの消費量が増えるということですね。

とはいえ、いくらココナッツオイルが代謝機能を高めてくれたとしても、他の食べ物で山のようにカロリーを取ってしまうと、代謝が追いつかず、太ってしまうということにもなりかねません。

食事の内容にも気を配り、くれぐれも食べ過ぎには、注意してくださいね。

ココナッツオイルは食欲を抑える?

ココナッツオイルを食事の前に取ることで、食欲が抑えられるようだということが言われています。

まだ、はっきりとしたことはわかっていないようですが、食事の3~4時間前にココナッツオイルを摂ると、食欲が落ち着くことがあるようです。

ということで、食事の時間から逆算して、コーヒー等の飲み物に入れて摂るのが、簡単でおすすめの方法です。

たとえば、夕食を午後6時に摂るのであれば、午後2時から午後3時の間の休憩の時間にコーヒーに入れて飲むのはどうでしょうか。

お好きな飲み物でお好みの量を試してみましょう。

からだにいいなら、たくさん摂ればいいんだろうとばかりに、最初からたっぷり入れすぎると、ちょっとくどいと感じるかもしれないので注意してください。

改めて、ココナッツの料理についても紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク